bdaudey コメントはまだありません

2020年、貴方のウェブサイトはいくつの言語でアップするべき?

どの言語が貴社の海外発展のために一番必要なのか?それは世界の経済大国、そしてユーザーの多い国々で最も多く使われている言語です。以下は2020年以降に発展すると見られているマーケット市場と言語の簡単な概要です。これは、これからデジタルコンテンツを戦略的に立ち上げる企業や起業家の為の手引きとなるでしょう。

今の時代、ネットは私たちの暮らしの全てに携わっていることは誰もが知る事実です。グローバルな競争で勝つために、多数の言語に訳し、地域性をもたせ自社のウェブサイトの国際化を実行する企業が増えています。ネット上での存在は、世界中の新しい顧客にいつでもどこでもアピールし、競争に参加する手助けになります。しかし、その中で成功するには、国際的に活動する起業家は地域による文化や言語の違いを観察し新しい海外の顧客を魅了することが必要なのです。目標は海外の新しいネット顧客が貴社のウェブサイトに目を留め、長期にわたるフォロワーになることなのです。

 

ウェブサイトを訳すのはなぜか?

英語は世界共通に最も利用されている言語の一つですが(インターネット上では最も利用されている言語)、それでも85%の世界人口はまだ英語以外の言語を話しているのです。自然の摂理として、ほとんどのネットユーザーは自分の話す言語でウェブサイトを使用したいと願っているわけです。

効果的に訳されたサイトは確実に収入アップの結果を出します:CSA-Research.com(ネット言語研究コンサルティング社)は2014年には既に約72%のネットユーザーが自分の言語で読めるウェブサイトからの商品を購入する傾向にあると発表しています。また、初めてサイトに訪れたユーザーが自分の言語でその内容を理解できることで、そのブランドに対する信頼や親しみやすさが生まれるのです。そしてウェブサイトを収益向上のカギを握る言語を話す顧客向けに発信することは、貴社のSEO(Search Engine Optimization)ランクがアップし、露出度を上げることになるのです。今、90%以上のオンライン活動はまず最初にネットサーチから始まります~それはほぼすべてのネットの旅はサーチエンジンから始まるということなのです!

諸外国で既にビジネスをしている企業にとっては、答えは単純です:すでにビジネスを展開して顧客がいる地域、これからのトレンドになる地域の人口にウェブサイトと全てのデジタル情報を現地の言葉で提供することです。 しかし、もしまだあなたが国際進出をしていない企業または起業家で、単に新しいターゲットになる顧客を探しビジネスの拡大を図っているのなら?または単にそれぞれの地域に見合った新商品を紹介し確立するためには?

どの言語が貴社の海外発展のために一番必要なのか?それは世界の経済大国、そしてユーザーの多い国々で最も多く使われている言語です。以下は2020年以降に発展すると見られているマーケット市場と言語の簡単な概要です。これは、これからデジタルコンテンツを戦略的に立ち上げる企業や起業家の為の手引きとなるでしょう。

 

1. 英語:北米アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリ ア、オセアニア諸国でのマーケット市場

今日の世界市場では英語圏のマーケット市場が経済的に最も大きく飛躍ているといえます。アメリカでは、GDP(国内総生産)のみを見るだけでも工業化前後150年絶え間なく世界一を守り続けています。イギリスは世界で5番目の経済大国、オーストラリアは14番目にして成長を続けています。中国経済はアメリカのGDPにはまだ及ばないとはいえ、その購買力の勢いは既にアメリカを抜きつつあり、経済の巨人も気を抜けない相手となりました。

英語はウェブサイト上で一番使用されている言語であり、最も多くのネットユーザーが話す言語でもあります。アメリカだけを取っても、中国とインドに続く世界で3番目に多くのネットユーザー人口を持っているのです。

このアングロサクソンをルーツに持つ3つの地域全てが英語を話すとはいえ、それでもウェブサイト上の英語をその地域の言語の性質に基づいた内容にすることは、ブランド名の確立やビジネス上の熱意を伝える上での鍵となります。Atenaoでは、現地の言語を話す翻訳家を使い、貴社のメッセージがターゲットの顧客の心に響くよう、大切に言葉を選び、伝える努力を惜しみせん。

2. 中国語:グローバルな発電所、中国

中国は明らかに全世界1のネットユーザー数を持つ国です。インターネットにアクセスできるのは全国民の60%とはいえ、それでも数にして10億と言われ、ネットユーザー数はその莫大な人口のせいで世界のトップを優に飾っているのです。また、スマートフォンが機能を愕然と上げたことで、この広大な面積を持つ国はネットユーザー数をこの数年で倍に増やしたのです。

中国は生産と輸出の中心地としてだけではなく、国内での世界に向けた大量生産をする地でもあります。世界は中国の経済成長をこの数年だけで目の当たりにし、アメリカのGDPには未だ劣るものの、2023年以降にはこの人民共和国が購買力では世界トップになるだろうと言われています。ある経済学者は、中国が2050年までには世界の20%のGDPを生み出すとの仮説まで立てているのです。一つ確実なことが言えるとすれば、中国はこれからも必ず大幅な経済飛躍を続け、世界にその影響を知らしめるということです。

Atenaoでは、中国語の中でも標準中国語、広東語の他、地域に合ったネイティブのチャイニーズスピーカーの翻訳家が言葉を選び貴社のメッセージを伝えます。

 

3. 日本語:小さい国土ながら強大な影響力を持つ言語

世界経済3位に位置する日本は2019年、5兆ドルを超えるGDPを達成しました。日本がこの数年の世界規模での不況や大きな地震の被害を乗り越えたのは、その非常に勤勉な国民性に支えられているからです。献身的で規律を重んじる性質は日本人に流れる血であり、その国民性は世界の中で日本を最も教養があり、優れた技術を持つ国に押しあげているのです。

日本語や日本文化は、主にこの多数の島からなる島国のみで使われています。にもかかわらず、日本の大黒柱とも言える自動車産業、電気機器、金属、造船、化学製品、布製品、加工食品そして独特のポップカルチャーが世界中に日本語を発信したことで、多様な面で日本語への翻訳の重要性が生まれました。

人口の93%がインターネットを利用しマーケティングが進んでいる日本は産業分野を超えたターゲットであると言えるでしょう。日本語への翻訳が正しく、巧みにそして礼儀に沿って行われることは言語を極めたネイティブスピーカーにより生み出される極めて価値の高い技術であり、それは私たちAtenaoが自信をもって提供するスキルなのです。

 

4.ドイツ語:ヨーロッパの巨大な経済的不可抗力を持つ言語

ドイツはヨーロッパにおいて最も強靭なエコノミーであり、世界4位のGDPを誇る国です。人口密度の高さに比べ少数のウェブユーザーを持ちながらも、ドイツ語はインターネットで使われる言語の10位に入っています。ドイツ語を話すスイスとドイツは両国とも高度に発展した安定した経済力を持ち、ドイツのみでも95%以上の人口がインターネットを利用しているのです。

ドイツでの控えめとも言えるウェブユーザーの数は、国の典型的な労働倫理と産業により構成されています。世界でトップに立つ工業国の一つとして、ドイツは丈夫であり資本財である自動車、ハイテクな工業機器、精密な工業や科学機材などの輸出などからの強みが鍵となっているのです。

ドイツ語は世界中で行われているビジネスや通商に重要な言語です。そして科学、医療、テクノロジーの分野でも広く使われている言語でもあります。Atenaoの経験豊富なドイツ語ネイティブ翻訳家は専門的又は科学的な内容を含む貴社のウェブサイトをプロの目で明確なドイツ語に訳すことができる人材が揃っています。

 

5. ヒンディー語:インドで成長と発展を続ける国際ネット言語

中国を1位に置いた国別ネットユーザー数順位で2位はインドです。5億人以上のウェブユーザーを持ちつつも、インドはまだネットワークの世界では生まれたての赤子といえ、同時に来たる数年の内には飛躍的な成長を遂げる可能性が高い国なのです。中国同様、インド国内でのウェブユーザーはスマートフォンを使用しています。それでも、国内でのネット浸透率は人口の17%に留まっておリ、その数字はどの後進国にも見られるように極めて低い状態です。

しかし、インドにおける商業や通商を切り捨てることはできません。経済面で考えるとインドはゆっくりではありますが火の鳥のごとく確実に上昇している偉大な力なのです。全体的に見れば、何兆ドルもを操り高度成長する経済力は、この数年でイギリスやフランスをしのぎ世界5位の経済大国となったからです。

歴史的には農民が賄ってきた国であるインドは、サービス業でも目を見張る発展を遂げています。生産業界が発展を続ける中、農業は縮小こそしたものの、それでも他国に比べてインドは今日も変わらず農業大国であるのです。

少数のウェブユーザーということでその存在を切り捨てるべきではありません。インドが持つ経済成長の可能性は世界の人口10%が話すヒンディー語とベンガル語にかかっているのです。数々の関心を集めるウェブコンテンツをそれらの言語でアクセスできることは、サイトをより発展させる上でのカギなのです。Atenaoは、ネイティブスピーカーであり熟練したプロのヒンディー語とベンガル語の翻訳家を貴社に提供することができます。

 

6. フランス語: 食、観光、産業をあやつる国際的言語

ロマンチックなパリの通りや小奇麗な田舎のシャトーが定番として知られるフランスですが、経済的にもビジネス界でも世界には引けを取りません。驚くことではありませんが、観光業界はフランスではトップの経済効果があり、一年を通して歴史ある町や美しい情景が何百万人もの観光客を魅了しています。投資家たちはフランスを「世界で最も人が訪れる国」と呼び、その理由は一目瞭然と言えるでしょう。

その文化と美食の魅力に加えて、フランスはヨーロッパ内では3位、世界では6位の経済大国であり、そのGDPは3兆ドルを下りません。その理由としては観光業に続き、アメリカの次を行くたくましく元気な農産業とその輸出量が挙げられます。その他には化学薬品、自動車、武器生産が主に強い位置づけをしています。またフランスはコスメティックブランドの輸出、ファッション界、世界をリードするデザイナーとトレンドを第一線で生み出しています。

フランスの経済力はネット上でフランス語の使用度が10位にランクインしている理由であり、フランス語はビジネス、エンターテイメント、教育、コミュニケーションにおいて無くてはならない言語なのです。

Atenaoが提供する習熟度の高いフランス語翻訳は地域に合った訳ができるという意味で右に出るものはいません。フランス南ボルドー地域がベースのネイティブスピーカーがフランス語対訳を依頼して下さる顧客の皆さまのニーズにお応えしております。Atenaoの目標は多様な背景のお客様に対し、一つ一つのプロジェクトを地域性を理解し、それに合わせてネイティブなフランス語に翻訳することことなのです。

 

7. スペイン語:スペイン、南米、アメリカの言語

世界中で5億人以上が話し、ネット上で使われる言語上位3位に入るスペイン語は、インターネットを使ったビジネス、エンターテイメント、ソーシャルネットワーク、情報提供においては欠かせない鍵となる言語です。

スペインはスペイン語の生まれ故郷であり、イギリス政府撤退後は、ヨーロッパにおける4番目に大きな経済力を持っている国です。現在は世界で2番目に観光客が多く訪れる国でもあります。スペインでは農産物、国内では強い位置づけを設けている自動車産業、化学薬品、医療品と工業機器をの輸出が主な定番となっています。

南米のスペイン語人口にアメリカでの莫大な人口を持つスペイン語コミュニティーと合わせて、スペイン語は大きな可能性を秘める視聴者でありふれています。南米で最大のスペイン語圏経済力を持つチリ、コロンビア、そして同じく南米一の経済大国メキシコ、他、パナマ、ウルグアイ、コスタリカ諸島の国々はネットマーケティングの上で活気があり魅力的なネットユーザーを生み出しているのです。

Atenaoは一般的な南米スペイン語はもちろん、古スペイン語も理解し、それぞれの国に合わせたニュアンスを使い分けることができる熟練したプロの翻訳家のサービスを皆様に提供いたします。

 

8. ポルトガル語:ブラジルとポルトガルをつなぐ言語

ブラジルの経済力は南米で強大であり、国の言葉であるポルトガル語はネット上5位に入るほど使用されています。またブラジルはその広大な国民人口のため、ネット人口においても5位以内に入るのです。

炭鉱や農業のような産業は世界で9位に位置付ける経済力を支えており、ネットアクセスも盛んで、ソーシャルメディア、デジタルエンターテイメント、ポップカルチャーのコンテンツの消費力は最大と言われています。ブラジル人は今デジタルメディアへの情熱から最大のネットアクセスコミュニティーになりつつあります。

現在話されているポルトガル語は元はポルトガルで生まれ、その言語は歴史上地理的に広がっていったのです。ポルトガル語は今やネットコミュニケーション分野にも手を伸ばしています。Atenaoのポルトガル語翻訳はネイティブスピーカーのエキスパートであり、どのような地域に対するプロジェクトも局地化しそこでポルトガル語を話す顧客に伝えることができます。

 

9. ロシア語:莫大な国土を持つ帝国の言語

ロシアは国土領においては地球上一の大きさを持つ国で、世界で最も話されている言語及びネットで使われている言語で世界10位内に入っています。長い政府中心の経済から正常を取り戻した後、ロシアの成功のカギとなる産業は農業と石油となり、現在は世界11位の経済大国に躍り出ました。進んだ数学、科学、コンピューター技術もまたロシアの輸出力を強靭化し、競争に勝つ役割を保っています。

国内のネットユーザー数自体はまだまだ少ないものの、この広大な国土にしてインターネットが75%の人口に普及している事実は捨てがたく、これからの世界経済の舞台に上がる可能性は大きいと言えるでしょう。Atenaoどのような地域性のロシア語も訳すことができるスキルの高い翻訳家を、幅広い分野のウェブサイトにおいて提供することができます。

 

10. 韓国語:ハイテクで独創性にたけた産業を操る言語

過去40年程の間に、韓国は世界で最も貧乏な国の一つから世界で最も工業化され、ハイテクで何兆ドルをも動かす経済大国へと変化を遂げました。国が誇る企業 HyundaiやSamsungは世界でも名の知れたブランドの地位を確立しています。

韓国語は世界で最も話されている言語でもデジタル言語としてもトップランクには位置付けしてはいません。しかし、確実に進歩している経済力と世界クラスに入り込む勢いを持つ成長は、近い将来の発展が明確である国として注目されています。韓国は鍵であるハイテク事業をスピードアップしていることを眼中に入れ、多彩なテキストや動画、キャッチフレーズ、マスメディアへの対応も仕立て、熟練した韓国語翻訳を提供するのが、我々
Atenaoの仕事です。

 

11. インドネシア語とマレーシア語:頭角を現すマーケット言語

インドネシア語とマレーシア語はネットで世界6番目に多く使用される言語です。それに加えて、インドネシアはこの数十年でけたたましい成長と経済進化をし、東南アジアで最も大きな経済力をもつ国となりました。

また、インドネシアはその国民人口数、貧困率の減少、動じない農業、工業、サービス業を背景に、何兆ドルが動くGDPの国の仲間入りを果たしました。この地域はまたこれからまだまだ未知の可能性を秘めています。インドネシアのインターネット普及率は未だ50%強に留まってはいるものの、目覚ましい発展をしているこの国がネットで今以上につながっていくことは時間の問題です。Atenao経験豊かなインドネシア語、マレーシア語のネイティブスピーカーを起用し、世界中の顧客に貴社の情報を上質で環境を選んだ翻訳でお届けいたします。

 

多数の言語で。多様な露出。増える情報量。

ウェブサイトを様々な言語で発信すること。それは貴社のビジネスがより多くの人の目に止まること、そして結果的にはより多くの収入につながるのです。もしもあなたがどの地域に、どこでマーケティングを、どの様に展開すればいいのか迷っているなら、ここに挙げた国々と言語とその性質を読み、Atenaoにご連絡下さい。私たちが貴社のプロジェクトのスコーピングと完成のお手伝いをいたします。Neil Patelが自社のウェブサイトをグローバルに展開し50%の露出度アップに成功したように、サイト拡大に興味がある企業の皆様、80以上の言語に翻訳できるスタッフを持つAtenaoにぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせの際は、お客様の言語でお応えができるAtenao。早急に翻訳見積りいたします!

 

参考資料:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です