通訳

「専門性・段取り・厳格さ」が、Atenao の通訳サービスにおけるキーワードです。通訳会社としての主な仕事は、イベントの準備にあります。通訳者や機材の選出、技術者との打ち合わせ、資料集め、業務に関する問題予測や現場の状況把握など。現場には、クライアントの仲立ちをしながら技術者と通訳者の業務を調整する通訳プロジェクトマネージャーを派遣します。

長机 1 台、スクリーン 1 台、椅子 10 脚あまりを用意し、貴社の海外関連会社からの代表団をお迎えします。興奮と不安が入り混じったその瞬間を円滑に迎えることができるよう当社がサポートいたします。相互理解が難しい長い一日になるとはいえ、この会議が会社の健全な発展を決定する場ということをご承知のはずです。

私共がサポートすることで国際会議での総体的な混乱を避けることができたら、安堵感を感じられるに違いありません。

Atenao では、お客様の国際的なミーティングを建設的かつ和やかな交流の機会にすることが私共の重要な任務だと考えています。業務遂行には、その分野の専門知識を備えた通訳者のみを採用しサポートさせていただきます。したがって、おおよその訳をするということはありません。お客様の努力を無駄にすることなく、業務計画の詳細を相手側に伝えることができます。

また、優れた通訳者は、主旨をより正確に伝えるためなら手段を変えることも恐れません。通訳者は、お客様の発言を伝える為のさまざまな手段の中から、誰にでも理解してもらえる表現を選ぶ術を心得ています。多くのことを要求される通訳業務では、長年に渡り訓練を重ねた、業界のアスリートとも言えるトップレベルの通訳者のみが仕事を成功に導びけるのです。

したがって、この繊細で難しい業務は、外国語が話せる企業の一社員に任せることはできません。というのも、おおよその通訳は複雑な状況を生み出すからです。さらに社内の通訳インターンでは、海外からのパートナー企業の威圧的な視線を前にしては、あまりにも無防備すぎます。

質の低い通訳業務、企業内の関係悪化を防ぎましょう。代表団の訪問は、双方の関係強化には絶好の機会です。食事会や観光などを通じてこのチャンスを最大限に利用しましょう!

来期のパートナーシップへの忠誠を保証する、完璧なビジネス出張の良い思い出をパートナー企業に残してもらいましょう。

同時通訳

話者の発言をほぼ同時に通訳します。発言と通訳のずれは数秒です。この通訳方式は、会議やシンポジウムで頻繁に行われ、機材(ヘッドホン、マイク、通訳ブース)の準備が必要です。 ウィスパリング同時通訳は、企業でよく使われる形式です。制限された人数(通常は2名)間の対話に適した通訳です。この方式の通訳は機材の必要がありません。通訳者は話者と聞き手の耳元で会話を直接通訳します。発言と通訳のずれは 10 秒です。

見学ガイド通訳

見学ガイドはグループ移動が原則なので、通訳ブースの使用はできません。通訳者はグループ全員と一緒に移動しながらガイド通訳をします。それに伴い、ガイド通訳者は、マイクやヘッドフォンを携帯します。遮音性の低い場所での通訳は困難を伴うので、大人数のグループには適していません。

逐次通訳

逐次通訳は、話者の会話内容を口頭で翻訳します。通訳者は、スピーチ中にメモを取り、その内容を口頭で訳します。スピーチが長い場合は、間隔を置いて通訳を入れることができます(約 10 分 おき)。スピーチが短い場合は、スピーチの最後に通訳をします。逐次通訳は、最も難しくハードな通訳方式と言えます。この種のプロジェクトの場合は、通常 2 名の通訳者を派遣し交代で通訳をします。

会議通訳

会議通訳は、グループ会議やブレインストーミング、交渉などの場でよく使用される方式です。通訳者が参加者の中心の席に着いて、参加者の発言や意見をフレーズごとに通訳します。