プロフェッショナル翻訳の業務フロー

お客様のプロジェクトに選ばれた一つのチーム

母国語への翻訳を行うバイリンガル翻訳者で構成された経験豊かな翻訳チームが、専門知識を生かし、原文の意味を保ちながら文書を翻訳します。

真価が現れる作業方式

お客様の要求に完璧にお答えした翻訳をお届けする為、文書の翻訳には厳格な作業方式を採用しております。

  • ご要望の分析
  • 問題事項への効果的な解決策、手順、仮スケジュールをお客様とご相談しながら作成。
  • お客様ご指定のメディアでの文書の受け取りと納品。
  • 担当プロジェクトマネージャーが文書をお預かりします。この担当者が、最終確認までお客様のプロジェクトを一貫して管理します。
  • お客様の事業分野に精通する翻訳者が、納品期日までプロジェクトを担当します。高精度の言語処理ソフトウェアを完備し、翻訳者の言語能力と最新のIT ツールを駆使しながら翻訳作業を行います。
    また、翻訳作業での必要な場合は、同じプロジェクトに複数の翻訳者を集めたチームを結成します。この場合、翻訳の均一性を図るために、1 人の翻訳チェッカー・校正者よる最終チェックを行った上で翻訳は納品されます。翻訳チェッカー・校正者は、必要に応じて専門用語のばらつきや意味の相違を訂正します。
  • 品質チェックと修正は、納品前に翻訳者とプロジェクトマネージャーによって行われます。オプションとして、欧州規格 EN-15038:2006 に準じた、第三者の翻訳者による翻訳チェックとスペル、文法、構文、タイポグラフィの総合的な校正をおすすめします。

文書の種類に関わらず、迅速にお客様のご要望にお応えいたします。

準リアルタイム翻訳

インターネットの出現により、数多くのウェブサイトがリアルタイムに情報提供をし、多言語でその内容が表示されています。最新情報が世界各地に伝わるよう、Atenao はクライアント向けに準リアルタイム翻訳システムを開発しました。翻訳量に応じて、記録的なスピードで翻訳をお届けいたします。

お見積書発行には、いくつかの情報が必要です

1- 訳内容の種類
ウェブサイト翻訳は、パンフレットの翻訳や契約書の翻訳と同じパソコンスキルを必要としません。プロの翻訳会社の要となるプロジェクトマネージャーは、翻訳対象すべてのファイル形式の処理が行えるようトレーニングを受けています。
プロジェクトマネージャーが、翻訳方法についてアドバイスいたしますのでご安心ください。ウェブサイトは、エンコードされたファイルや複数の形式で生成可能なエキスポートファイルでの翻訳、バックオフィスシステム上での翻訳、あるいは文書で翻訳が行われます。
パンフレット翻訳は、通常 Indesign あるいは Xpress のような DTP ソフトウェア上で作成されたファイルを翻訳します。この場合「ネイティブ」ファイルを直接翻訳することが可能です。したがって、パンフレット翻訳ではファイル情報や翻訳するファイルを提供していただくのが理想的です。

2- 翻訳される文書の主題と翻訳分野
医療翻訳、技術翻訳、法律翻訳、経済・金融翻訳、観光翻訳、科学翻訳は、それぞれ専門性のレベルに違いがあります。さらに各分野の内訳にも専門性の違いがあります。翻訳されるテキストの主題を知ることで、翻訳会社は有能なプロの翻訳者をセレクトすることができます。

3- ソース言語とターゲット言語
これらは翻訳の見積もり作成には不可欠の情報であり、ソース言語とターゲット言語によりご希望の言語コンピネーションが定義されます(例:仏英翻訳、仏中翻訳など)。複数のターゲット言語への翻訳が必要な場合は、お知らせください。言語コンビネーションによって翻訳料金が変わります。この料金のバリエーションには、主に2つの要素があります:
• 言語の増大率。コンビネーションによって、より多くの翻訳作業を伴う場合。
• 指定された言語コンビネーションで、スケジュールの都合が合う有能なプロ翻訳者の人数。

4- 希望納品期日
プロの翻訳者は一日平均 1,500 ワードを翻訳します。お客様の締め切り日に従って、必要であれば複数のプロ翻訳者に委託します。翻訳会社は、2人組あるいはチームでのプロジェクト管理に慣れていますが、翻訳作業のプロセスは多様であり、特に複数の翻訳者によって翻訳された訳文の均一化が必要となります。また、より複雑な翻訳作業は翻訳料金にも影響します。

5- 翻訳されるワード数
翻訳会社では、あらゆる形式ファイルに含まれるワード数を算出するために必要なツールを完備しています。翻訳希望の文書をすぐに提出できない場合は、暫定ワード数をお知らせください。翻訳するワード数の想定なしでは、正確なお見積り書は発行できませんのでご了承ください。その場合はソース言語のワード単価のみのお知らせになります。

6- 翻訳を証明する必要性の有無(法定翻訳)
各国の官公署に提出する一部の手続き書類には、法定翻訳家の証明が必要になります。それは法定翻訳と呼ばれているものです。それぞれの国で要求内容は異なります。お客様のご依頼が法定翻訳を必要とする場合は、その旨と翻訳文書が使用される国名をお知らせください。