技術翻訳

産業分野では非常に正確な専門用語を使用します。各用語、コンセプト、寸法の記述は大変重要です。技術翻訳には、正確さ、明確さ、一貫性、簡潔さが求められます。

明確さ

技術文書の翻訳は、情報の要求に回答することを目的とした実用的なものです。完璧に作成された原文の客観的な内容を翻訳にも反映する必要があります。

客観性

技術文書には、誇張表現や論証的な表現は許されません。したがって、翻訳もコノテーションの使用を排除しなければいけません。

論理的

技術文書は、事実を伴うものです。同じアクションやオペレーションが実行できるよう、翻訳は原文と同じ情報を伝達するものでなければなりません。

明確さ

技術文書の翻訳は、文体効果を狙うものにならないよう注意が必要です。記述された情報が、論争を巻き起こす要因にならないようにするためです。

当社の技術翻訳者プロフィール

マルタン、58歳:技術翻訳歴 26 年。
母国語(ターゲット言語):ポルトガル語 – ソース言語:フランス語、英語、ドイツ語。
学歴:ミュンヘン翻訳・通訳学院、ポルト大学・機械工学

クライアント

産業分野の企業
代理店
ソフトウェア版元
規格化機関
テクニカルエディタ

実績

参照マニュアル
メンテンナンス説明書
取扱説明書
技術仕様書
オペレーション文書
規格書
特許
認証申請書類

 参照

Freesecurity, ChopardRagasco, Anyware Technologies Panimatic, EuroviaDecopierre, Habitat, Orange, Fédération Nationale des Scieries, Afrique Telecom, Atlas Telecom, EcobatiDe DietrichGDF-SUEZGroupe SAMSEBlanchefontaineAudemars PiguetAir Liquide