tom13c 1件のコメント

字幕ソフトウェア

字幕制作とは?プロフェッショナル字幕制作とオーディオビジュアル翻訳入門

字幕制作は、固有の技術とルール、基準を伴うオーディオビジュアル翻訳の一種です。このトピックを掘り下げる前に、念頭に置いておくべき主な事項は、このタイプの翻訳は「従属的翻訳」の一種であるということです。つまり、字幕翻訳には時間とスペースの制限が設けられ、それが仕上がりに直接影響を及ぼすことになります。ここでは、あなたの翻訳はパラメータに依存し、テキストの内容を訳すだけではなく、特定の時間と画面上のスペースを考慮しながら、動画の画像と音声にも合わせる必要があります。

翻訳テキストを表示するために利用できるスペースは、通常画面下の中央に表示される、2行の字幕に限られています。テキストの各行には、最大35文字しか納めることができません (これには文字だけではなく記号とスペースも含まれます)。したがって、2行からなる完全な字幕テキストは、最大70文字まで入力することができます。

表示時間が限られているため、字幕は最低1秒、最大6秒間、画面上に表示されることになります。

また、字幕の表示時間と、そこに含めることのできる最大文字数の間には直接の相関があります。6秒未満しかない場合は、6秒ある時と同じ量のテキストを読むことはできないため、これらのパラメータは、平均読み取り速度に基づいて定められています。現在の評価読み取り速度は1秒間におよそ3ワードです。つまり、2行70文字で構成される字幕全体を読むためには、およそ12ワード含まれるため、少なくとも4秒必要になります。さらに時間が短い場合は、文を短くするために文字数を減らすことを考える必要があります。

字幕制作には、「スポッティング」やトラッキングと呼ばれる技術的側面も伴います。これは、字幕を音声と同期させるために必要な、字幕が画面にいつ表示され、消えるかの計算に関係しています。各シーンでのカメラのショットやアングルの変更に合わせて字幕のタイミングを考慮することも大切です。カメラアングルが変わると、視聴者が目線を下げて字幕を読み直す傾向があります。そのため、カメラショットと画面の変化に密接に従うのは良いアイデアであると言えます。

字幕作成プロセスには、複数の異なる段階があります:

  • トラッキング: カメラショットや場面の切り替えに従いながら、最小・最大表示時間を計算することにより、音声と同期された字幕の開始時間と終了時間を正確に合わせます。
  • 翻訳 (翻案)ソース言語から翻訳・翻案し、字幕のタイミングに従って、テキストの文字数制限に合わせて調整します。
  • シミュレーション: すべての基準が満たされ、字幕が自然に読めることを確かめるために、翻訳した字幕を動画の画像と音声に適用したサンプルプレビュー。
  • エラーの修正とテキストの校正。

料金に応じてさまざまな機能を提供する、利用可能ないくつかの業務用字幕制作プログラムがあります。最も完成度の高い入手可能な無料プログラムは、Subtitle Workshopです。これはインターネットから簡単にダウンロードできる、使いやすいツールです。このプログラムでは、オーディオビジュアルファイルを編集しながら字幕を付けることができます。字幕の最初と最後の正確なタイミングを微調整し (トラッキング)、翻訳を追加し (翻案)、結果を同時にプレビュー (シミュレーション) することができます。

字幕でテキスト内容の一部を翻案する場合は、従うべきいくつかの基本事項があります。字幕のテキストは、普段の話し言葉と同じ句読点表記、文法規則と構文を用いて、自然に読めるように書かれていなければなりません。制限文字数以内に削ろうとして、ロボットが省略したようなテキストや電報スタイルのテキストに変えてしまってはいけません。代わりに、自然で正しく聞こえる字幕テキスト翻案をする方が、遥かに良い結果が得られます。その主な基準は次の通りです:

  • 字幕を2行に収め、編集する際に、文の意味や思考、意図を急に途切れさせてはいけません。2つの行の間で、形容詞と名詞、または名詞と動詞を切り離さないようにし、改行がより自然になるようにテキストを編集しましょう。
  • エンダッシュ (-) は2人の人物が対話していることを示すために、会話文で使用します。各話し手の台詞の初めに改行し、エンダッシュまたはハイフンを使用します。
  • イタリック体の字幕テキストは、ボイスオーバー、歌曲、および電子デバイスによる音声や、視聴者からは見えないオフスクリーンでの音声に使用します。
  • 英語の引用符 (“”) 、よく知られている略語や数字は、すべて字幕で使用できますが、大文字はなるべく使用せず、タイトル、記号、または画面に登場する書かれた内容にのみ使用するようにしてください。

最終的には、字幕が自然に、なめらかに読めるように、オーディオビジュアル動画コンテンツと同期されているように見え、視聴者が画像、音声、テキストの3つ動画要素をすべて同時に体験しながら、実際に読んでいることに気付かないような字幕に仕上がるのが理想的です。

 

→ Jubler
→ Avi Recomp
→ Time Adjuster
→ VOBSub
→ Subtitle Workshop
→ Sublight
→ DVDSubEdit
→ Aegisub
→ Kijio
→ SupRip
→ Subtitle Translation Wizard
→ SubNamer
→ Belle Nuit Subtitler
→ Any DVD converter
→ Any video converter
→ Avidemux
→ D-vision
→ FfmpegX
→ Handbrake

→ iMovie
→ Kigo video converter
→ Subler
→ Submerge
→ Adobe première
→ Ayato
→ MediaCoder
→ Quick Time pro
→ M4NG
→ Miyu
→ Roadmovie
→ MovieCaptioner
→ SubCleaner
→ Sublime
→ Subs Factory
→ TitleExchange Pro
→ Gaupol
→ DivXLand Media Subtitler

— One Comment —

  1. Bonjour.
    Je travaille sous Ayato Ninsight 3. Mes fichiers sont .aya.
    Je ne peux pas les exporter en EBU N19. Et c’est ce qu’il me faut.
    Ma configuration actuelle ne propose que d’importer (DAS, Texte Windows, ou unicode, ou brut…)
    Comment remettre mes fichiers au format STL ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です