bdaudey

広告動画と字幕:新しいネットの主役

シスコが行った研究によると、2020年には動画世界のIPトラフィックの82%を占めるようになるということです これは無視できないほど大きな数字です。
事実、広告動画は、私たちのパソコンのディスプレイに知らないうちに表示されており、 現在ではそれを見ない日はないと言っても過言ではありません。Facebookだけでも、毎日80億回も動画が視聴されています。 これは単なる数字ではなく、SNSだけでなく、ビジネスシーンにおいても広告動画の配信が持つ絶大な威力を実感させてくれます。企業プロモーション動画やマーケティング動画従来型の動画やモーションデザインなど、その可能性はまさに無限大と言えるでしょうこうした動画形式に関係なく、このダイナミックな時代の潮流に乗り遅れることは、あなたにとって手痛い損失を意味するのです
  

広告動画:コミュニケーションの「万能ツール

動画は全世界の視聴者に向けて発信することによって、社外に新製品やサービスを売り込んだり、社内では企業目標に従って、チームを一体化したりするためのコミュニケーションツールとしても利用できるという点で、極めてユニークな特性を持つと言えます。 どちらの場合も字幕と組み合わせると、その応用範囲は無限に広がるでしょう。

あらゆるツールと同様に、広告動画の効果を最大限に活用するためには、その優れた特性を熟知しなければなりません。つまり広告動画というツールが確立された現在、その巧みな使用法を理解することは必須の条件なのです。

動画視聴が、インターネットトラフィックの80%以上を占めることを考えると、いかなる企業も、こうした新しいトレンドに迅速に適応しなければなりません。 企業活動の内容を問わず、私たちはまさにこの「サード・ミレニアム」におけるコミュニケーション・モードの理解に全力を挙げて取り組んでいます。なぜなら、Médiamétrieの調査によれば、動画は25〜49歳の年齢層のお気に入りのメディアだからです。 事実、動画視聴はその年齢層のインターネットにおける主要な活動となっており、彼らは閲覧時間の80%をそれに費やしているのです。

したがって、これらの驚くべき数字を考慮すると、この万能ツールを無視するわけにはいかないことは明らかです。しかし、そのインパクトの本質、仕組み、それを最大限に活用する方法を知る必要があります。私たちはそのお手伝いをいたします。

1/ 公衆の関心事 : デジタルゴールド

レアなものは高価であり、高価なものはレアです。それがまさにネットユーザーによる「注意」の定義です。 絶え間ない視覚/聴覚刺激による攻撃に慣れてしまったネットユーザーは、選択していない広告コンテンツに、大なり小なり類似するものは見ない/聞かないという認識の壁を徐々に作り上げてしまったのです。

ネットユーザーの注意を引くことはますます困難になっています。 どこででも広告を目にする今日、広告を拒否し、メッセージをほとんど受け取らないというネットユーザーの自然な防御反応を生じてしまったのです。

広告主がこれでもかとばかりに流すバナーやポップアップ広告が、私たちのデジタルシーンから消えたなら、公衆はたちどころにそれに気づくでしょう。なぜなら、それらは広告に悩まされている公衆からは、一種の視覚的汚染だとみなされているからです。それはユーザー・エクスペリエンスを著しく悪化させるので、今日、あえてこの危険を冒す広告主はほとんどいません。

あなたはただオブザーバーであるだけでいいのです。フリーのウェブマネージャーから巨大ブランドまで、独自のPR広告、企業宣伝動画、プロモーションフィルムを持っています。 短い動画フォーマットはデジタル時代の特長ですから、これほど実用的なものはありません。 つい先日まで、プロ用機材や技術者によるデザインであれ、様々な画面サイズで購買する広告スペースによる配信であれ、高額の費用がかかりました。現在では、スマートフォンといくつかのよく管理されたソフトウェアで作成と配信が可能になっています。 そのインパクトと範囲から考えると投資額は減少しました。

しかし、その誘引力は正確には何に由来するのか、リーチは厳密にはどのくらいか、どのような種類の注意をもたらすのでしょうか?

最初の3秒の重要性

第一に、どのように私たちは「注意」というものを定義したらいいでしょうか?
考えられる定義の1つは、目または耳が対象に焦点を合わせている時間の長さです。しかし、話はそれほど単純ではありません。意図的であれ、注意散漫によるものであれ、見るともなく見たり、聞くともなく聞いたりすることがあるので、「無意識の盲目/難聴」とさえ言われたりもします。ただ一つ確かなのは、私たちの視覚や聴覚が同時に集中できる対象はたった一つだということです。何かが興味に値する場合、それを読み、理解し、判断するのに要する時間は約3秒です。つまり、その3秒間が、読む、見る、聞くという動作を促すメッセージに与えられた短い時間なのです。

あらゆる種類の視覚/聴覚刺激の氾濫と私たちの生活の中にコンピューター画面があふれていることは、ネットユーザーは気まぐれだということを意味しています。コンテンツからコンテンツへと「飛び回る」能力は、様々なタイプのコミュニケーションを考慮する上で、スマートフォンの利用によって加速され、今や最大の障害になっています。

ご自身の行動を顧みれば分かるように、ネットユーザーたちの注意をつなぎ止めておくことはますます難しくなっています。事実、私たちが広告コンテンツの閲覧に費やす時間は減少を続けており、表示されるコンテンツが何であれ、公衆はそれらを「選別」する能力を持っているので、彼らの興味を引くことは困難を極めるのです。

最もわかりやすい例は、Youtubeでの広告です。たとえば、プレロールまたはミッドロール(動画の開始前または途中)での配信に関わらず、視聴者に直接、不愉快な思いをさせるという性質があります。視聴者はこうした広告慣行の人質となり、広告を発信するプラットフォームに閉じ込められたかのように感じるのです。こうした慣行の結果として、配信動画の約80%が無視されていると推定されます。したがって、動画を実際に視聴させるための唯一の解決策は、最初の3秒間でユーザーの注意を引き、別の動画に移動せずに、最後まで見たくなるように仕向けることです。

Facebookの巨大プラットフォームでは、動画は音声なしで自動的にスタートします。これは長所でもあり短所でもあります。 長所としては、聞きたくもない「音声」に攻撃されたとネットユーザーが感じたりしないことがあります。短所としては、「オンラインニュース」で自動的に配信される動画(自動再生)を、ただぼんやりと見ているだけのネットユーザーは、配信動画にほとんど無関心になる危険があるということです。

つまり、ネットユーザーの「注意」は、第1に獲得すべき対象物であり、第2にリアクションを引き出す手段なのです。では、どうすればコンテンツをネットユーザーに受け入れさせ、彼らのリアクションを引き出せるのでしょうか?

2/ どうやって注意を引き、エンゲージさせるか?

あらゆる年齢層のネットユーザー500人の動画視聴傾向に関して2018年にPROMOが実施した調査によると:

  • 回答者の58%は、オンラインで見た動画に反応(「いいね!」やコメントなど)している。
  • 回答者の60%は、動画を視聴した後、動画制作者のソーシャルプロファイルを閲覧する(「時々」から「非常に頻繁に」) 。
  • 回答者の70%は、動画を視聴した後、動画制作者のWebサイトにアクセスする(「時々」から「非常に頻繁に」)。

したがって、広告動画の最初の目標の1つは、潜在的な視聴者の注意を引くことにあります。次に、視聴者の、さらにはコミュニティの「エンゲージメント」を促すには、ユーザー・エクスペリエンスを快適なものにしなければなりません。

したがって、エンゲージメントは拡散されたメッセージのインパクトを評価するための重要な要素です。このエンゲージメントは、動画が喚起する反応や行動によって決まります。それは動画が配信されるネットワークによって異なる場合があります。こうした行動は多かれ少なかれ「エンゲージメントを喚起」するものであり、コメントやプロフィールのクリックという単純なものから、動画に関連付けられたショップへの訪問など、さまざまなものがあります。

このエンゲージメントは今まで十分に考察されており、動画の中でその有効性を高めるためにパーソナライズされた「行動喚起」(CTA)を提供する主要なソーシャルネットワーキングプラットフォームに反映されています。たとえばFacebookでは 以下のような行動喚起の選択肢があります :

  • 詳しく知る
  • 登録する
  • 購入する
  • 今すぐ予約する
  • 他の動画を見る
  • ダウンロードする

大切なのは、目的と視聴者に実行させたい行動に最も適したものを選択することです。

動画を最適化し、すばやく注意を引き、視聴者がそれに反応したくなるようにするには、シンプルかつ効果的な方法があります。それは字幕を埋め込むことです。

巧妙に作り込まれた字幕には大きなメリットがあります。他人に知られず動画を視聴できるだけでなく、同時に視聴者のユーザー・エクスペリエンスも向上します。そうすることで、インターネットでの広告主の可視性が高まります。

動画を最適化する方法は? 字幕 

1/ スマートフォン王国では、字幕が王様 

スマートフォンの大規模使用は、もう一つの重大な結果を引き起こしています。人々はしばしば交通機関、待合室、オフィスといった公共の場で、Facebook、Instagram、SnapchatなどのSNSで動画を視聴しています。このことは、私たちのスマートフォンがほとんど常にマナーモードに設定されており、いつでもヘッドフォンが使用できるわけではないことを意味します。 Facebook社は、音声付き動画の自動再生にユーザーの80%が否定的な反応を示し、その結果、Facebook動画の85%が音声なしで視聴されている ことを発見したのです。

SNSでの広告動画やインフォマーシャルの配信において、字幕が欠くことのできない補完手段になっていることを裏付けるもう1つの論拠があります。それは字幕によって、ユーザー、デバイス、状況を問わず動画を表示できるということです。

字幕を使わなければ、多くの潜在的な視聴者を無視し、その結果、「いいね!」や「シェア」などの貴重なリアクションを奪うことになります。

深慮遠謀で知られるFacebook社も、YouTubeがすでに実施しているような音声認識を利用したAI(人工知能)自動字幕システムを展開し始めています。 これは意義深い徴候と言えます。

メッセージは明確です。SNSその他のサイトの動画に字幕を付けるという単純な行為は、エンゲージメントの面で競争上の優位性を獲得し、ユーザーの注意を引く可能性を高めます。それは基本的に誰もがネット上で戦い取ろうとしているものなのです。

2/ どうしたらSEOを改善できるのでしょうか? 

VSEOとは?

あなたがSEOに詳しい方なら、SEOとは検索エンジンで画像やWebページの自動検索を最適化する戦略だということをご存知でしょう。VSEO(Video Search Engine Optimazation)は、これと似たシステムですが、動画に特化されたものです。

この自動検索システムは無料ですが、関連するキーワードの選択が原理となっています。その性質上、あるキーワードが頻繁に使用されるほど、そのキーワードを使用しているサイトとの競合が激しくなり、人気のあるキーワードを最適化することは、多くの場合、非常に難しくなるため、他の戦略を取る方が賢明です。字幕はその戦略の1つなのです。

こうした検索エンジンが認識するのは文字だけであり、動画は音声と画像で構成されていることから、字幕を使用する意義が大きいことは明白です。

ただし、単純なキーワードに限定するだけでは不十分です。ロングテール・キーワード(同じ語彙グループでの、より具体的な単語)を使用すると、検索結果の中で目立ち、エンジン内のネットユーザーが実行している特定クエリに接近できるという利点があります。

さらに、字幕(キャプション)によって、これらのキーワードを含むテキストを文章によって、「ロングテール」形式(少なくとも3つまたは4つの単語からなる)で書くことができ、効果が高まります。字幕はコードであり、特定のルールに従いますが、それでも最低限の知識が必要です。マーケティングの分野ではまだほとんど知られていませんが、動画字幕は、ソーシャルメディアでブランドの知名度を高めるのに役立ち、コミュニケーション・キャンペーンを強化することができます。

動画に字幕を付ける方法とは?

こんにちは、あなたの安全を心配しています。

これまで見てきたように、字幕には、公衆の注意を引く、検索を改善するなどのいくつかの利点がありますが、これらに加えて聴覚障害者や外国人がコンテンツにアクセスできるようにするのにも役立ちます。これについては次の「トランスクリプション(文字起こし)」でお話しましょう。

1 /トランスクリプション(文字起こし)とは

トランスクリプションと字幕との違いは何でしょう?

字幕の持つさまざまな可能性を検討するために、まず字幕というざっくりした言葉に含まれるものを定義してみましょう。

トランスクリプション:これは音声を文字に起こしたものです(英語では「クローズド・キャプション」)。トランスクリプションがあれば、音声がなくても、コンテンツを読めるだけでなく、ユーザーマニュアルや技術仕様書などの説明を理解するのにも役立ちます。

字幕トランスクリプション:画面下部に書き起こした台詞を複数の言語で同時翻訳したものです(英語では「サブタイトル」)。外国語の字幕は検索エンジンの認識率を高め、それに伴って、インターネットでのプレゼンスも向上します。

コードトランスクリプション:聴覚障害者や難聴者向けに、音声ソースを文字に起こし、クォリティを高めたものです。閲覧者数や多様性を高めることができます。

コード・トランスクリプションであろうと字幕トランスクリプションであろうと、目標は広告主が伝えたいメッセージを視聴者に明確に理解させることです。これはネットユーザーがコンテンツを理解するための重要な要素となります。

したがって、コード・トランスクリプションや字幕トランスクリプションは聴覚障害者や難聴者のニーズを満たすだけでなく、特に音声なしで閲覧する場合に、翻訳されているかどうかに関係なく、文字に起こしたテキストを読みたい人にも役立ちます。

プロの翻訳サービスは、ボイスオーバーや、場合によってはダビングも追加することによって、文字起こしから字幕作成まで、プロジェクトに最も適切な戦略を提供できます。

2 /字幕翻訳:国際グローバルマーケットへの

動画字幕のもう一つの利点は、同じ動画を複数の言語で配信できることです。それによって、国際的グローバルマーケットへの扉が開かれます。動画コンテンツは変更せずに、一つまたはそれ以上の翻訳コストを追加するだけでよいからです。

外国語に翻訳された字幕は、あらゆる種類の動画に素晴らしい付加価値をもたらします。たとえば、外国語を完全にはマスターしてはいないが、ある程度理解できる人にとっては、字幕翻訳によって、原文が理解しやすくなります。つまり字幕翻訳は、外国語の学習やブラッシュアップのための実用的なツールになるのです。これはネットユーザーが字幕翻訳をとても気に入っているもう1つの理由です。

プロの翻訳者か自動字幕か?

字幕生成と機械翻訳サービスを提供するYouTubeなどのようなプラットフォームが増加しています。この場合、2つの危険性を回避する必要があります。字幕生成作業がうわべだけは簡単になることと機械翻訳のファジー推測です。誰もが少なくとも一度は、動画を見ているときに字幕が原文の意味から外れているのを経験したことがあるはずです。問題はたった1つの誤訳が字幕や翻訳全体の信頼性を損なってしまうことです。

Atenaoのようなプロの翻訳サービスは、原文をあらゆる言語に簡単に書き換えることができます。こうした作業では音声/動画ファイルの中の発話テキストを入力します。これは視聴者が音声/動画ファイルを読むのと同じ速度でテキストを入力できるトランスクリプショニストが行います。タイムコードを付けて、文字を起こせば字幕翻訳やボイスオーバーが元の音声と正確に一致するので、字幕やボイスオーバーを組み込むために不可欠です。この作業では元のタイムコードを崩さないよう注意しながら音声/動画ファイルの中の発話テキストを入力します。これは字幕処理ソフトウェアを使用して専門家が行います。Atenaoは、ラテンアルファベットを使用して、あらゆる言語でタイムコード付きトランスクリプションを提供します。

字幕付き動画フォーマットが広告主だけでなく一般の人々に非常に人気があるというのは品質基準が満たされていることを意味します。翻訳やスペルのミスは信頼性を失いかねないので、こうした作業は、字幕作成を裏の裏まで知り尽くしたプロの翻訳者に任せたほうがよいでしょう。このゲームは挑戦する価値があると思いませんか?

3 /技術的側面:あなたが知るべきこと

字幕付き動画を制作するには、AI翻訳と動画トランスクリプションを使用するスマートフォン用有料アプリやプロ用動画作成ソフトウェアによるいくつかの選択肢があります。

前述のように字幕付き動画を作成するには、まず動画の作成に適したソフトウェアを選択し、次にトランスクリプションまたは字幕作成を行う必要があります。アプリケーションや字幕プラットフォームは増加していますが、その原則は同じであり、AIは「音声ピッチからテキストに」翻訳し、人間に近いレベルの結果を出せますが、チェックはもちろん、場合によっては修正を行わなければなりません。いずれにせよ追加作業が必要となります。したがって、このデリケートな作業に着手する前に、短期間で信頼性の高い結果を得るために専門家に委託することになるとしても、字幕とトランスクリプションに関する基本的ルールを理解しておくことをお勧めします。

いくつかのフォント規則 

ユーザー・エクスペリエンスのクォリティは、視聴者の視覚的な快適さを確保するためのある種の必須要素に左右されます

いくつかの優先規則:画面上に少なくとも1秒間はテキストを表示し続けなければなりません。字幕は読み取り速度と情報を処理する脳の認知能力に合わせる必要があるため、1行あたり最大40個の記号(文字、記号、または数字)で、1フレームあたり最大2行とします。

視聴者に読みにくさを感じさせてはいけません。また、この字幕調整作業は、話し言葉を聞くのと一致する必要があります。これは同期と呼ばれます。この同期を行うには、動画のタイムコードに従って「スポッティング」作業を行わなければなりません。この段階で画像とテキストがぴったり合うかどうかが決まってしまいます。

AIの弱点は、このような字幕またはトランスクリプションの初期段階にもあります。実際、自動区切りでは、文やその句読点の意味と完全性は考慮されません。このトピックは、すでに弊社ブログ「ビデオ会議の解釈」の記事のテーマとなっています。人工知能による翻訳手順を詳しく理解するために、この記事をお読みください。

もちろん、これらの技術的作業が完了したら、テキストの言語クォリティに注意し、スペル、文法、句読点を確認する必要があります。読みやすくするために、テキストの視覚/グラフィックのクォリティ、フォントの選択、行と単語の色と間隔にも注意を払い、場合によってはそれらを再調整する必要があります。

字幕は動画とは別の専用ファイルから挿入することも、動画に永久的に「焼き付ける」こともできます。幸いなことに、こうした複雑かつ面倒で手間のかかる作業は、翻訳と同時に専門サービス業者に委託することもできます。

動画に字幕を埋め込む

さまざまなソーシャルネットワークの動画プレーヤーでは、字幕翻訳は元のトランスクリプションテキストではなく、字幕ファイル内で直接実行されるため、上記2番目のオプションを強くお勧めします。Atenaoは、左/右の読み取り方向であらゆる言語の字幕の翻訳を提供しています。

翻訳済みファイルは、選択した形式(SRT、VTT、SUB、TXTなど)または動画に外国語字幕を「ハード」的に埋め込んだ状態で配信されます。このサービスは動画処理ソフトウェアを使用して弊社スタジオでも行っています。動画ファイルは、TS、AVI、WMV、MPEG、MOVなどのさまざまな形式で配信されます。

いくつかの動制作ソフトウェア 

広告動画の目標は、独創性と明瞭さで注意を引くことですから、多くの企業がユーザーのニーズに合わせて、革新的な機能とツールの作成に着手しています。

実現可能な動画の範囲は非常に広いため、戦略的な思考に続いて、伝えたいメッセージにふさわしい台本が必要となります。実際、製品のプレゼンテーションやブランドの選好を創造するための広告クリップは、どれ一つとして同じ方法で制作されることはありません。たとえば、軍隊やポストのリクルート動画キャンペーンなど、企業や組織のヒストリー、さらにはバリューを伝えるストーリーを短い動画で制作することも可能です。全く別のスタイルとして、短いWebシリーズの制作は、エンタテインメントのイメージを打ち出しつつ、トレンドや認知を生み出すには面白いツールです。

どのタイプのシナリオを選択する場合でも、次にそのプロジェクトや必要な素材と最も整合性の取れたソフトウェア・ソリューションとクリエイティブ・リソースを検討する必要があります。この目的で最もよく使われているアプリと動画エディタをいくつかご紹介しましょう。

すでに編集ソフトウェアに精通している方向けに「定番の」iMovieFinal Cut ProAdobe Premiere Proがあります。初心者の方には時間や費用の両面で、大きな投資を必要としないソリューションの一部を簡単にまとめたリストがあります。

おわりに 

ソーシャルメディア戦略の新しい女王である動画フォーマットの有効性はリーチ、メッセージへのアクセス可能性、ブランドイメージへの影響、または広告主サイト検索の観点から否定できません。しかし動画がその目的を達成するためには、その配信が非常に高速であることから、画像と音声のクォリティ、編集、字幕、そしてもちろん翻訳の品質に関わるかどうかを問わず、エラーは絶対に許されません。

これらはすべて技術と精度を必要とするため、十分に時間をかけなければなりません。プロの翻訳サービスを利用するメリットは、翻訳と字幕のクォリティ、動画への統合可能性を同時に実現できることです。制作が難しければ難しいほど、字幕付き動画を使用するメリットは向上します。したがって、最高のユーザー・エクスペリエンスを創造するには、結果の確保が不可欠です。そのため、専門業者に頼るのもよいでしょう。