アラビア語翻訳(日本語→アラビア語翻訳・アラビア語→日本語翻訳)

アラビア語は主要石油生産国の言語です。また、マグレブ諸国では観光分野の言語でもあります。多くの国、分野で話されている言語です。

世界におけるアラビア語

2017年、アラビア語が話される公式国の住民数は、4 億 3701 万 9000 人とみなされています。この国々は主にアフリカ大陸にあり、モーリタニアからソマリアまでのアフリカ北部に位置しています。代表的な国は、アルジェリア、エジプト、スーダンなどが挙げられます。インド洋に孤立した国、コモロ連合も公用語はアラビア語です。

また、中東の国々では主にアラビア語を話します。シリア、イスラエル、オマーンやサウジアラビア、エジプト、イラク、ヨルダン、レバノン、北イエメンのアラブ連盟の国々です。

これらの国の住民に加え、いくつかのコミュニティが世界中のアラビア語話者を増大させています。北米(アメリカ合衆国とカナダ)やヨーロッパ(主にドイツ、フランス、ベルギー、オランダ)に住むアラビア語話者です。また、チャド、マリ、セネガル、さらにナイジェリアなどでもアラビア語話者のコミュニティの存在が報告されています。これらの少数コミュニティは総計 1500 万人のアラビア語話者で形成されています。

プロフェッショナルな分野でのアラビア語

アラビア語が公用語の国々は、ヨーロッパとサハラ以南のアフリカやアジアを結ぶ役目を果たしています。この地理的位置の恩恵を受け、アラビア語話者が外交、観光、国際商業の分野で利益を得れる貿易のプラットフォームが作り上げられています。

アラビア語は、ガスや石油生産に興味を示している企業や国々の言語でもあります。この言語を使いこなす企業、あるいはプロの翻訳者の助けを得ながら、難しいポイントを理解できる企業が、交渉で特権を得ることは間違いありません。

別の分野でアラビア語圏の国々とビジネス提携を結びたいと願う国や企業は、アラビア語話者を理解する為のはじめの一歩を踏みだすことで、すべてを獲得することができるのです。

アラビア語の難しいポイント

どのアラビア語圏の国でも文章には標準アラビア語が使用されています。この標準アラビア語はアラビア語圏同様、少数派のアラビア語話者にも使用されている書き言葉での共通語です。

さらに、それぞれの国で多様化され、語彙はより豊富なものになっています。例を挙げると、アルジェリアの方言では占い師には「 chouaffa 」、モダンな若い女性には「 papicha 」、良く出来たことには「 chah ! 」が使用されます。 これらの言葉は標準アラビア語には存在しない言葉です。