日中翻訳・中日翻訳

中国の膨大な人口と世界に広がる中国語話者数のおかげで、中国語は世界で最も話されている言語です。

世界における中国語

中国の人口は、おおよそ 14 億人。大半の国民は、中国語の標準語である「普通話」を話します。普通話は教育、行政で使用されている言語です。近隣国の中国話者が話す中国語もこの標準語で、数十万人の中国語話者が日本、韓国、シンガポールや台湾に在住しています。ビジネス言語として使用はもちろんのこと、これらの国には多くの中国人が住んでいるので、中国語はコミュニケーション言語としても機能しています。

アジアの国境を越えた中国人の増加は、世界における中国人共同体の拡大に繋がっています。この共同体や中国とビジネスを行う 約 3000 万人もの人々が中国語を話しています。

プロフェッショナルな分野での中国語

今日、ビジネスの分野において世界の覇者となった中国。中国企業に好まれるビジネスパートナーになる為に、中国語はますます役立つ言語になりました。さらに中国は多様な分野でその存在をアピールし続けています。携帯電話分野ではアメリカ合衆国を押しのけ、中国は外貨準備高ランキングで世界第 2 位です。また、繊維、自動車、家電など、さまざまな産業分野の巨大工場でもあります。また、中国経済は、輸出に基盤を置くだけではなく、輸入も巨大な人口の需要に対し重要な役割を果たしています。

中国語の難しいポイント

いくつかの報告によると中国語はアジアでの共通語になりつつあります。中国を学び、習得することは、アジア市場で利益を得るには避けられない条件です。貿易は書面でのやり取りが重要であり、中国語が使いこなせない場合はプロの翻訳サービスが不可欠となります。特に、特殊分野は必須事項です。

また同じ文でも、普通話は、最もメジャーな方言のひとつである広東語とは発音が異なります。文の構成や単語の順序なども、例えば「この本を私にください」という文では、広東語では「ください、この本を、私に」(唔該畀本書我)、普通話では「 この本を、ください、私に」(請把書給我)となります。さらに、2 つの中国語の文字に差があることも見てとれます。