英語翻訳(日英翻訳・英日翻訳)

英語は世界で最も話されている言語ランキング TOP 3 に入る言語です。特にビジネスやプロフェッショナルな世界で、最もよく使用されています。コミュニケーション、交渉、貿易をするには重要な言語となります。

世界における英語

世界中には 10 億人の英語話者がおり、世界で3 番目に多く話されている言語です。この数字においては、英語母語話者(北米で76 %、オーストラリアでは 95 %)と英語が第二公用語である国の話者を区別する必要があります。さらに、3 番目、4 番目のカテゴリーには職業上の理由による英語話者や教育プログラムや二次的欲求から英語を学び使用している英語話者もいます。

世界 67 か国で、英語は第一公用語です。また、27 か国では第二公用語として使用されており、国連の公用語のひとつでもあります。

プロフェッショナルな分野での英語

ナイキの「 Just do it  」、ネスプレッソの「 What else 」さらにノキアの「 Connecting People 」のように英語のままの方が表現力に富んでいると評価された英語版の広告スローガンはわずかしかありません。それらは単語 2、3 語ですべてが伝わります。

IT 業界で最も一般的な手段であるインターネットは、英語の使用が好まれる分野です。この分野の関連用語も、オリジナルバージョンの英語が使用されています。例えば、「 cookies 」、「 firewall 」、「 hackers 」のようなものが挙げられます。

他に英語が優位な分野といえば、ビジネス業界でしょう。世界制覇が優先事項である業界においては、英語は重要な武器と言えます。英語が公用語ではない国や地域のビジネス相手でも、全関係者の理解を容易にさせる理由から、ディスカッションは英語で行われます。公式文書は英語版(原文あるいは訳文)を用意する必要があります。

英語の難しいポイント

各言語には難解な部分が少なからずあります。英語もその例外ではありません。したがって、どのようなタイプのものであれ文書を翻訳する必要がある場合は、この言語の文化的アプローチとすべての難しいポイントに精通したプロフェッショナルに依頼することが重要になります。プロのネイティブ翻訳者は、「 to wash up 」がイギリス英語では食器を洗う意味、アメリカ英語では顔や手を洗う意味になるという違いもきちんと区別できます。もっとわかりやすい意味の違いの例を挙げるとすれば、「 to knock someone up 」の表現があります:イギリス英語では「誰かを叩き起こす」意味、アメリカ英語では「誰かを妊娠させる」意味になります。 翻訳の小さなミスが、本来意図する意味を失わせることになりかねません。