ポーランド翻訳(日本語→ポーランド語翻訳・ポーランド語→日本語翻訳)

ポーランド語は、スラブ語派の言語であり、ロシア語に次ぐ 2 番目の言語です。そのあとにウクライナ語が続きます。構文と発音においてはスロバキア語とベラルーシ語に大変良く似ています。

世界におけるポーランド語

主にポーランド国内で話されてる言語であり、3800 万人の話者が存在します。ポーランド人口の 97 % がポーランド語話者です。したがって、言語が統一しているヨーロッパの国とひとつといえます。

さらに、近隣国にはポーランド語を話すいくつかの少数派も存在します。第二次世界大戦後では多くのポーランド人が近隣国への移住目的で国を離れました。特に友好的な受け入れ国であったのが、ベラルーシ(特にグロドノとブレスト)、リトアニアとウクライナ(特にリヴィウとルーツィクの地方)でした。

また戦後の移住地としてポーランド人が好んで選んだのは、イギリス、アメリカ合衆国やカナダの国々でした。

それらの移住地を合わせると、6000 万人のポーランド語話者が存在します。

プロフェッショナルな分野でのポーランド語

共産主義社会の崩壊後、ポーランドと近隣国は、特にビジネスの分野で豊かな国となりました。ポーランド語の習得は、他のスラブ語派の言語への適応が容易になります。さらに、ポーランド語が母国語の翻訳者やスラブ語派圏出身の翻訳者は、ポーランド語の特殊性を簡単に理解することができます。したがってポーランド語の翻訳をはじめ他のスラブ語派言語の翻訳が可能です。

ポーランド語の難しいポイント

ポーランド語は、複雑な言語とみなされています。文字はラテン文字ですが、子音の上につくアクセントやフランス語のセディーユに似たものが母音に付きます。まずこのスペルに慣れるのが難しく、さらに時制も難しいポイントのひとつです。したがって、ポーランド語が使いこなせるレベルになるために必要な時間を考えると、翻訳者に助けを求めるのは実利性のある信頼度の高い解決策と言えるでしょう。

さらに翻訳者は次のような肯定文の違いも使い分けることができます:« Cyryl uwielbia koty – Koty uwielbia Cyryl – Cyryl koty uwielbia – Uwielbia Cyryl koty – Uwielbia koty Cyryl – Koty Cyryl uwielbia »。ポーランド語を話さない人にとっては、すべて同じ単語で、ただ単純に順番が変わっているだけと思うでしょう。しかし、この言語に精通する翻訳者にとっては、強調したい考えに応じて異なる意味を持つ肯定文なのです。