スウェーデン語翻訳(日本語→スウェーデン語翻訳・スウェーデン語→日本語翻訳)

スウェーデン語は、北欧語のひとつで、約 1000 万人に話されている言語です。スウェーデン語はスウェーデン投資の門戸ともいえます。

世界におけるスウェーデン語

スウェーデン語は、世界約 1000 万人の人々に話されています。数字で見ると、このゲルマン語派の言語は、世界で最も話されている言語ランキングで 89 位です。スウェーデン語話者は、主にスウェーデンに住んでおり人口の 85 % はスウェーデン語を母国語としています。ただし、スウェーデン語は、スウェーデン国内ですら近年まで公用語として憲法で定義されていませんでした。

それに対し、フィンランドでは国民の半分がスウェーデン語を話し、スウェーデン語が第二公用語になっています。また、ドイツやアメリカ合衆国では、スウェーデン語の学習選択率が上昇傾向にあります。スウェーデンの大学では、魅力ある北欧語のひとつであるスウェーデン語の初歩を身につけたい、あるいはより深く学びたい人々を歓迎しています。

プロフェッショナルな世界におけるスウェーデン語

スウェーデンを思い描く時、すぐに思いつくのは IKEA の家具ではないでしょうか。しかし、そのイメージはかなり限定されたものです。スウェーデンには、美しい国土、そこに住む人々のあたたかいおもてなしがあります。この国の暮らし方や文化をこの国の言葉を通して発見することは、精彩に富んだ良い経験です。

同時にスウェーデン語は、他の北欧語の窓口になる言語でもあります。各北欧語間には多くの違いはありますが、類似している部分も多くあります。スウェーデン語話者にとっては、ノルウェー語、デンマーク語、さらにアイスランド語を書面で理解することは可能です。この言語を使いこなせる翻訳者は、他の北欧語で書かれた内容を正確に解読することができるのです。

また、スウェーデン経済は世界に門戸を開放しています。その結果、スウェーデンはさまざまな種類の投資に開放的な態度を取っており、自身あるいは翻訳者を介してスウェーデン語を理解しようとする者を前向きに受け入れています。

スウェーデン語の難しいポイント

上記で触れたように、北欧語にはさまざまな共通点があります。スウェーデン語が母国語の翻訳者は、似たような単語があった時それぞれの言語との区別をつけることができます。簡単な例を挙げると、数字の「 3 」は、「 tre 」であり、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語でも同じ言い方ですが、逆に 1 と2 はどの言語でも違います。「 1 」は、スウェーデン語では「 ett 」、デンマーク語では「 een 」です。「 2 」は、スウェーデン語では「 två 」、デンマーク語では「 to 」になります。